矯正について知っていく

>

病気にならないために

歯の矯正をしようと決める理由ですが、大まかに分けて二つ存在しています。

一つは、病気にならないためにです。

実は歯並びの悪さが原因でさまざまな病気を引き起こしてしまうことがあり得るのです。
例えば、歯並びのせいで歯磨きがきれいに出来ないので虫歯になりやすかったりします。
また、噛み合わせが悪いのであごの関節が痛んだり輪郭が歪んだりということも出てきます。
意外かもしれませんが、頭痛なども歯並びから引き起こされるパターンもあるわけなのです。

そうなったら治療も結構大変なことになりますので、それを防ぐために事前にもう歯並びを治しておこうということになるわけなのです。
確かに治しておくとそういった病気になるという心配はありませんしね。

コンプレックス

また、これらは特に若い方に多いことですが、歯並びの悪さをコンプレックスに思っているので治そうという方もいらっしゃいます。

何気なく口を大きく開けたら、歯並びの悪さを指摘されてしまい傷ついてしまったという経験をされた方が実はそこそこいらっしゃるのです。
その結果、大きく口を開けて笑ったり話せなくなったなんてこともあります。
それに、発音が上手く出来ないという難点が現れたりして、人前で話さなくなったなんて事例もあるのです。

こういった経験のせいで、引っ込み思案でコミュニケーションが苦手な人間になってしまうという恐れも出てきてしまいます。
そうならないように、親御さんが歯の矯正をしようと決めるなんてことも多々あります。


歯の矯正に関する詳しいことを覚えよう!

この記事をシェアする